大手メーカーで知られる大正製薬のグルコサミンの実力

夫婦

健康な体にするために

錠剤

効率よくとるためには

貧血になるとめまいや立ちくらみが起こりやすく、疲れやすくなり、顔色も悪くなるので周囲にいる方々から心配されたりと、良いことは一つもありません。特に疲れやすくなり頭や体がうまく働かなくなるため、仕事や家事に支障が出てしまうこともあります。特に女性は生理がありホルモンバランスの影響を受け貧血になりやすい傾向にあります。貧血を改善するためには鉄分をとる事が一番です。鉄分を意識してとり、バランスのとれた食生活をしていると次第に改善されていきますが、1日に必要と言われている鉄分をとるためにはほうれん草なら2束取らなければならなくなるため、難しいものがあります。そのため鉄分を含むサプリメントや貧血に良いとされるサプリメントが手軽に鉄分を補充できるため人気があります。

鉄分にも種類がある

食べ物から鉄分をとる時に知っておいたほうが良いことは、食べ物に含まれる鉄分には2種類ありヘム鉄と非ヘム鉄と呼ばれています。ヘム鉄は肉や魚に含まれている鉄分で体への吸収が良いと言われています。ヘム鉄を多く含む代表的な食べ物はレバーです。しかしレバーにはビタミンAを多く含んでいるため妊娠中の取りすぎは注意が必要です。ヘム鉄をとる時には魚を中心にすると良いです。非ヘム鉄はほうれん草やひじきに多く含まれています。非ヘム鉄は単独のままだと体への吸収が良くないため食べ合わせが重要です。ビタミンCを多く含む野菜や果物と良質なタンパク質の卵などを一緒に食べると効率良く吸収できるようになります。また貧血を改善するためには増結効果がある葉酸を積極的にとることもおすすめです。