大手メーカーで知られる大正製薬のグルコサミンの実力

夫婦

糖尿病のリスクを計る数値

栄養補助食品

サポニンが特に効果的

予備軍と呼ばれる人まで含めると、多くの日本人が注意しなければならない病気が糖尿病です。糖尿病であるかどうか判断する一つの基準として使われるのが、ヘモグロビンa1cです。ヘモグロビンa1cの数値が一定以上である場合には、糖尿病である可能性がそれだけ高くなるとされています。そんなヘモグロビンa1cの数値を下げるのに有効だとされているのがサポニンです。膵臓から分泌されるインスリンは、血糖値を下げるのに重要な働きをしてくれています。そんなインスリンと同じような働きをしてくれるサポニンは、特に田七人参などに多く含まれているとして人気があります。また、同じようにサポニンが含まれている食品としては高麗人参がありますが、田七人参には高麗人参の7倍もの量のサポニンが含まれているとされており、注目を集めているのです。

血糖値よりも正確

自分が糖尿病であるかどうかを判断する基準としては、血糖値と呼ばれるものがあります。しかし、最近ではヘモグロビンa1cというものも出てきてわかりにくいと感じる人もいるでしょう。ですが、より正確に調べるためには血糖値よりもヘモグロビンa1cの方が向いているのです。血糖値というのは血液中にどれぐらいの糖分が含まれているかということであり、食事の時間や量によって変化していまいます。そのため、糖尿病であるかを正確に調べるには注意が必要となります。一方で、ヘモグロビンa1cはその時だけではなくここ1〜2ヶ月ぐらいの間にどれだけ高血糖の状態であったかを調べることが出来ます。食事に左右されることもないので、血糖値よりも正確に糖尿病であるかどうかを調べることが出来るのです。